1ヶ月1万円くらい使える人の育毛対策

前回は、お金のない人向けの薄毛対策ということでしたが、内容はヘアケアの基本的なことなのでお金のある、ない関わらず正しい生活習慣を送るようにした方がいいですね。

さて今回は多少金銭的に余裕があり、1ヶ月で1万円くらいまでならヘアケアに使えるという方に、どのような育毛活動をすればいいかということを提案します。

お金を使っての薄毛対策としては色々な手段があります、AGA専門治療院で治療する、植毛手術をする、増毛する、はたまたかつらを使用するなどですが、ここで考るのは「育毛剤」の使用です。

一口に育毛剤といっても、ドラッグストアや通販で売られている育毛剤は数えきれないくらいの数があり、中にはほとんど髪の毛の成長には効果のない成分しか入っていないものもあるので
選択を間違えないことが肝心です。

育毛剤を選ぶとき一番大事なのが、どのような成分を含んでいるかということです。

当たり前の話ですが、髪の毛の育成に良い成分、発毛を促す成分というのが代表的な成分ですのでこの成分を配合した育毛剤なら一応合格といってよいでしょう。

育毛剤には「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」と3種類のタイプがあります。

「医薬品」は薄毛に対して効果が強いものの、半面副作用の心配もある。

「医薬部外品」は効果は医薬品に比べると弱いが、副作用の心配ほとんどない。

「化粧品」は育毛剤といっても有効成分は入っていなく、養毛剤といった方が良い。

薄毛に関係する医薬品は、副作用の面から未成年や女性には使用が禁止されている成分を使った薬があるので、使用の前に医師に相談するようにしなければいけません。

では発毛や育毛が期待できる成分とはどのようなものがあるのか。
医薬品にはフィナステリド・ミノキシジル・デュタステリドといった化学合成した成分が含まれるものがものがあります、国が発毛効果があると認可した医薬品ですが効力は強いものの副作用も懸念されます。

キャピキシル・ノコギリヤシ・M-034は天然素材を使った成分で主に医薬部外品に指定された育毛剤に配合され、効力は穏やな経過で現れます、コチラは自然由来の天然成分なので副作用の心配はほとんどありません。

前者の成分を配合したものを発毛剤、後者の成分を配合したものは育毛剤と区別しても問題はないかと思いますので、それぞれを含んだ育毛剤のはどのような商品があるのか調べてみました。

フィナステリドとデュタステリドはAGA発症の要因であるジヒドロテストステロン(DHT)を生成する酵素5αリダクターゼの働きを阻害する効力があります。

AGAの特効薬として専門クリニックで処方されます、フィナステリドはプロペシアとして有名です。
プロペシアより高い効果があると注目されているのが有効成分デュタステリドです、こちらが非号された治療薬がザガーロです。

ミノキシジルは発毛作用が認められた成分で、日本では大正製薬がミノキシジルを配合した医薬品の発毛剤リアップとして販売しています。

リアップは日本で唯一医薬品として販売されている発毛効果のある育毛剤ですが、副作用のことが問題視されることもあります。

以上は育毛剤というよりも確実に発毛作用がある発毛剤といった方がいいでしょう、しかし稀ですが副作用の心配があるのは事実です。

天然成分のキャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるという注目の新成分です。

キャピキシルが配合された育毛剤は、フィンジア、BOSTONスカルプエッセンス、THE SCALP5.0C、バイタルウェーブスカルプローションなどがあります。

ノコギリヤシは厚生労働省が認めた育毛成分で人気の育毛剤にはこの成分が配合されたものが多くあります。

チャップアップ、フェルサ、ヘアオメガ、サプリメントのボストン育毛サプリなどがノコギリヤシが配合された育毛剤です。

M-034も厚生労働省に認可された育毛成分でミツシコンブなどの海藻由来の天然成分です、ミノキシジルとほぼ同様の育毛作用があり天然成分ですので副作用の心配はありません。

M-034を配合した育毛剤にはチャップアップ、イクオスが有名です。

フィナステリド・ミノキシジル・デュタステリドは医薬品として販売されているAGA治療薬や育毛剤に配合されている成分。

ノコギリヤシ・M-034は厚生労働省が認可した育毛成分、キャピキシルは日本肌再生医学会からその効果が認められています。

いずれも天然成分ですので緩やかな効果が期待できます、発毛効力というよりは頭皮環境を整えて健康な毛髪を育てることを目的とした育毛剤だといえると思います。

緩やかな効果ということで効き目が表れるのは半年くらいかかると思います、使用を根気強く継続することが大切になります。

これらの効果が期待できる育毛剤は7,000円から10,000円弱の価格帯になります、生活の改善という基本的な育毛活動と合わせて育毛剤の使用を検討してはいかがでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする