男性型脱毛症(AGA)の発症原因とメカニズム

AGAとはandrogenetic alopeciaの略語で、思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことであります。「andorogenetic alopecia」を直接的にに訳せば「男性ホルモン型脱毛症」となりますが、日本では通例として「男性型脱毛症」として呼ばれています。
AGAの典型的な症状としましては脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字型ハゲ」パターンとなります。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や抜け毛が多くなり「O字型ハゲ」パターンとなっていきます。

そして進行が進んでいくとM字型ハゲとO字型ハゲとがつながり「U字型ハゲ」へと発展していき頭全体のハゲになってしまいます。

女性の場合には「女性男性型脱毛症」(, FAGA)と呼ばれ、男性のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなることが多く見られます。。
ただ女性の場合は男性のように完全にハゲになってしまうことは非常に稀なことです。

AGAの原因は遺伝的な要素が大きく関わっているようで、脱毛男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン( DHT)」の作用によって引き起こされます。
男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要な存在であり、また性別に関係なく毛髪の成長と性欲に重要な働きを持ちます。

様々な研究によって両親から受け継いだ種々の遺伝子、なかでも5αリダクターゼの分泌量がAGAに関与していることが解明されてきました。
男性ホルモン受容体遺伝子(レセプター)の遺伝的多型は脱毛に関連しており、この遺伝子はX染色体上にあるため、母方の祖父や祖母から遺伝することが明らかになっています。
また、遺伝は母方からだけでなく疾患関連遺伝子の存在によって、父方の薄毛が息子の脱毛に関連することも解っています。

AGAの発症には、遺伝と男性ホルモンが関与しており、一般的には家族性に現れる傾向があると見られています。

男性ホルモンの影響が大きいAGA発症ですが、男性ホルモン「テストステロン」が変換酵素5αリダクターゼと結びつくことによって「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます、脱毛ホルモンとも呼ばれるDHTこそがAGAを引き起こす大きな要因となっています。

このDHTは毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつき、細胞活動を抑えてしまいます、これによって正常なヘアサイクルに乱れが生じてきて脱毛、薄毛が引き起こされるのです。

5αリダクターゼにはタイプⅠとタイプⅡの2種類があり、それぞれⅠ型DHTそしてⅡ型DHTを生成します。

前頭部と頭頂部には主にタイプⅡの5αリダクターゼが存在し、後頭部と側頭部にはタイプⅡの5αリダクターゼが多く存在しています。

AGAによる薄毛の特徴である前頭部と頭頂部分の薄毛の改善対策としてはタイプⅡの5αリダクターゼの働きを抑制する必要があります。

正常なヘアサイクルでは、生えた髪の毛は2年~6年は維持され【成長期】その後抜け毛となり【退行期】また生え変わるまで【休止期】となりますが、DHTタイプIIが標的器官である前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターに接続すると脱毛に関するタンパクを生成し、一気に毛髪の寿命を縮め、数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。
そのタンパク質の代表的なものがトランスフォーミング成長因子と考えられている。
トランスフォーミング成長因子は細胞の働きを調節する内因性生理活性蛋白質でサイトカインの一種である。
トランスフォーミング成長因子が毛包細胞に存在する受容体(レセプター)に結合すると毛包細胞の細胞自然死(アポトーシス)が起こり、【成長期】が【退行期】へ誘導されてしまいます。
その結果、成長期に健康な髪の毛が育たず細く短い毛が多くなります、そして抜け毛も多くなり薄毛がどんどん進行していくのです。

以上がAGAによる薄毛のメカニズムになります。

AGAになってしまう要因として遺伝の他には、乱れた生活習慣も影響してきます。
まず食生活において、外食中心で自分の好きなものばかり食べている、これは好き嫌いが多い人とも通じますね。
手軽に食事を済ませるジャンクフードを取ることが多いなど、栄養バランスの悪い偏った食生活は身体はもちろん髪の毛にも悪影響を及ぼすしますので注意してください。

過度な飲酒と喫煙も注意してください、特に喫煙は百害あって一利なしの言葉通り髪の毛にも良くありません、喫煙は血管を縮小させるなどの作用があり血行が悪くなります、血行が悪いと頭皮の毛細血管に髪の毛に必要な栄養素が運ばれなくなり薄毛の原因となります。

睡眠も重要です、慢性的な睡眠不足、不規則な睡眠時間は髪の毛の成長に悪影響を与えますので改善してください。
健康な身体の維持が髪の毛の健康につながりますので、薄毛が心配な方は日頃の生活習慣見直してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする